キャッシングは恥ずかしいこと?

キャッシングやカードローンという呼び名であっても、実際には借金をしていることに変わりありません。
借金という言葉にはあまりいいイメージもありませんし、利用するときにもなんとなく後ろめたい気持ちになるという人も多いと思います。
借金地獄に陥り自己破産する人もいますが、これは貸金業法が改正される以前の事であって今はこのような多重債務者を出さないために、年収の3分の1を超える借り入れができなくなっています。
この改正後はすでに年収の3分の1を超える借り入れがある人も、新たな借り入れができなくなってしまいますが、それ以上借金を増やさずに済みます。
新規に申し込みをする場合も最初から、年収の3分の1以内までと決まっているので、借りすぎる事もなくなっています。
きちんとルールを守り、計画を立てて利用していればとても便利なシステムですし、急にお金が必要になったときもキャッシングで足りない分を補えるので、多くの人がキャッシングを活用していますので、恥ずかしいことではありません。