主婦でも借りれるキャッシングの借り入れと払いすぎについて

2010年の総量規制導入に伴い、専業主婦でも借りれるキャッシングは減少傾向にあり、A社では通ったのにB社での借り入れは断られたというケースが有ります。仕事をしている主婦である程度の年収があれば問題ありませんが、何らかの事情により専業主婦がキャッシングをする場合は、「配偶者貸し付け」という制度があり、安定した収入のある配偶者の同意があれば、お金を借りられる仕組みになっていますので、詳しくは融資を行う会社に尋ねてみるといいです。
お金を借りたら返さなくてはなりませんから、収入の全くない主婦の場合は「本当に返済が出来るのか?」という疑問が出てきますし、多くの書類を確認する必要がありますから、審査に通る所はほとんどないと考えておいた方が良いです。

また、契約時の金利と今の金利が違う場合には、払いすぎが生じている場合があります。
この場合は過払金請求を行う事が出来ますが、自分がその条件をクリアできる契約を交わしているかを確認する必要があります。